世界の鐘

世界の鐘

二代目 世界の鐘

世界の鐘_2代目

平成17年、初代世界の鐘の精神を引き継ぎ再建されました。
再建にあたっては各国大使・総領事館にハイスクールの紹介を仰ぎ、世界40カ国のハイスクールから寄せられた銅貨が鋳込されました。
新しい鐘は表面に刻まれた各国コインの数が一重から二重に増え、世界の平和と友愛の願いに一層の重みが加わり、 毎朝夕高らかな鐘の音を旭が丘に轟かせています。

鐘高 120cm
口径 90cm
重量 700kg
学校の鐘の再生

初代 世界の鐘

世界の鐘_初代

昭和32年、高知学園の校舎移転を機に学園のシンボルとして製作されました。
この鐘は川島源司先生の発案により、世界21カ国のハイスクールから贈られた銅貨を鋳込みつくられたもので、世界の平和と友愛の願いが込められています。
その鐘の音は学園の精神的拠り所として約半世紀にわたり、多くの卒業生の脳裡に刻まれ、今は静かに学校玄関の展示台で次世代を見守っています。

鐘高 120cm
口径 90cm
重量 562kg
トップへ戻る