学校長挨拶

学校法人【高知学園】は、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、短期大学、リハビリ テーション学院

《信頼される人物の育成》 を建学の精神に

 本校は明治32年(1899年)、現在の桜井町に創立された「江陽学舎」に端を発しております。昭和31年に学校法人の名称を高知学園に変更するとともに、校名も高知高等学校・高知中学校に改称、その翌年には校舎を現在の北端町に移転し、平成31年春をもって、創立120周年を迎えることができました。

 この間、高知幼稚園及び高知小学校の設立、高知学園短期大学の設置、リハビリテーション学院の開校、31年4月には日本初の専門職大学の開学に至るなど、県下唯一の総合学園に発展してまいりました。歴史と伝統を誇る学園です。

 本校の一日は「世界の鐘」の音とともに始まります。この鐘は、1957年、本校を現在の地“旭ケ丘”に移転したおり、世界各国の学校に呼びかけて銅貨(コイン)の寄贈をお願いし、《世界の平和と友愛》の願いを込めて造られたものです。この鐘には、次の銘が刻まれております。

《 この鐘の音のとどろくところ
永遠の真理と希望にかがやき
世界の平和と友愛にみつ 》

この鐘が本校のシンボルとなっており、その精神が校歌にも謳われています。

♪♪黒潮かおる 自由の土佐に
萌えたつ緑の 鷲尾嶺こえて
世界の鐘がとどろきわたる…♪♪
世界の鐘

 本校は明治32年に創立以来、全ての教育活動を通して個性を伸ばし、建学の精神である「信頼される人物の育成」を続けて120余年という時を刻む歴史と伝統ある学校です。卒業生は2万4千人を数えています。 校友の絆が固いことでも定評があり、伝統校らしい落ち着きと「学園」の名にふさわしい風景が旭の杜に溶け込んでいます。

 社会の変化は急激で、予測困難な時代とも言われています。

 こうしたなかにあって、本校では、「文」と「武」を一体と捉えた教育的理念を大切にしています。

 「文」と「武」どちらも大切にしながら学び手の個性や適性をみきわめ、その強みを伸ばす教育的支援を行います。そのため、学びや人としての行いの基礎・基本をしっかりと身につけてもらうことはもちろんのこと、社会の変化に柔軟に対応する力を身につけるための教育活動を行っています。

 そうしたことにより、自尊感情を育み、コミュニケーション能力を高め、自ら考え、行動し、生涯を意欲的に生きる素地を養うことを進めています。

高知中学校・高知高等学校長 永野 隆文 高知中学校・高知高等学校長 永野 隆文

令和3年4月7日
高知中学高等学校長
永野 隆史

 本校入学を志す皆さんは、一人ひとり豊かな個性や感性、そして大きな可能性を秘めています。学園生活での出会いや学び、 部活動への参加は皆さんが備えている力にいっそう磨きをかけ、可能性を大きく広げていくはずです。

 高知学園で、皆さんの「夢」を探し、「目標」に挑戦し、「志」を育んでください。 あなたの一歩一歩を私たちがしっかり支援します。 高知学園で仲間を得て一緒に学びましょう。

トップへ戻る